病気のとき結婚と独身はどちらがよいか

病気

結婚した人は、メリットの一つに病気になったときをあげます。これは、自分が病気になって布団の中から動けなくなった時に、手助けをしてくれる家族がいる点で大きなメリットがあると考えている人が多くなります。結果的に状態がよくなり家族に感謝するようになれば、家族も手助けをした甲斐があると言えるでしょう。

また、病院の予約をとるときも家族が行ってくれることもあるでしょう。入院をする場合は定期的にお見舞いに来てくれるのが普通になります。これらのことを経験すると、家族のきずなは非常に強く、安心感があることがわかります。

この点独身の場合は、体調が悪くなった時でも誰も見てくれず、不安の中で一人家で過ごさなければいけません。実家から離れたどこに住んでいる場合入院してもお見舞いに来てくれる人がいない可能性が高くなります。少なくとも結婚している場合に比べると、孤独感は否めません。

このように、独身は確かに自由気ままですが、いざという時は結婚して家族がいた方が何かと安心できます。