結婚と独身で残業との付き合い方が変わる

残業

独身時代の気ままで自由な生活から、夫婦で一緒に生活するようになるとライフスタイルが大きく変化します。残業する時も、どれだけ遅くなっても一人暮らしなら誰にも影響を与えることがありませんよね。食事は外食やコンビニで済ませればいいですし、あまりにも遅くなってしまった日には、ビジネスホテルに泊まればいいのです。

しかし、結婚してからはそうはいきません。共働きならお互いのスケジュールを把握して行動しなくてはいけませんから、相手が自分の食事を用意するべきか、一人分でいいかを連絡しておく必要が生じます。食事を用意したまま自分の帰りを待たせておいてはかわいそうですよね。家族を放置してホテルで外泊するのも結婚後はあまりしない方がいいでしょう。誰にも気を遣いたくないなら、独身の方がいいかもしれません。

しかし、結婚することで自分の健康管理や食事管理をしてくれる存在ができることで、残業が続いても身体を壊さないで済むというメリットもあります。このメリットは、若いころよりも中年期以降にありがたみが感じられるようになるはずです。