育児を考えると結婚と独身どちらがよいか

育児

独身の人はパートナーや子供に縛られず生活をすることができます。それが最大の魅力と言う人も少なくありません。結婚をしている場合、子供が小さいときには母親は育児に振り回されます。父親も何かと母親の助けをしたり育児に参加することもありますが、子供の数が多ければ多いほどその負担は大きくなりストレスになっていくでしょう。

自由な時間はなくなり、子供のためにお金を使う必要があるため、半分は自分を捨てなければ生きていけないのが現実です。そのような点を考えると独身の方がよさそうに感じるでしょう。

ですが、結婚生活の中で子供はたくさんのことを大人に教えてくれます。大人が子育てで感じることの一つは、自分が子供だった時にも親に手を焼かせたことです。そこで初めて親の気持ちが分かり親の偉大さに気づくものです。また、子供も育てることで自分自身の成長にもつながります。そのように考えると、結婚していて育児をすることをネガティブに考える必要はありません。