同棲

独身か結婚か メリットとデメリット

結婚観というものは、10人いれば10通り、それぞれこだわりがあるものではないでしょうか。結婚肯定派の意見で多く聴かれるのは「ひとりよりもふたりのほうが楽しい」「何かあった時、お互いに助け合える」といったものです。また、社会保障や経済面など現実的な部分でも、結婚している方が得をする部分があることは否めないので、こういった点をメリットとして挙げる方もいらっしゃいます。

ただ、結婚すると、自分の時間を持ちづらくなる、といった、「自由な時間」がなくなる、というデメリットがあることは否めません。

対して、独身肯定派の方は、自分のライフスタイルに強いこだわりがあり、自分の時間を大切にしたいという方が多いようです。休日は趣味のために費やす、部屋のインテリアにも「こうしたい」ということがはっきりしているような方に、この傾向が強く見られるようです。ただ、独身の方は、体調不良や何かしらのトラブルなど、すべてひとりで対応しなければならない、というデメリットがあります。

どちらも一長一短といったところですが、その方にとって最適な生き方であれば、結婚していても一生独身でも、それが一番良いのではないでしょうか。

  • 結婚と独身のメリットとデメリット

    結婚にも独身にもメリットがありますし、デメリットもあります。でもたいていの両親は、子供には結婚をして幸せになってほしいと思っています。結婚をしたら独身のころのような自由はなくなる場合がほとんどですが、家族を持つことができます。

    花嫁

    奥さんとか旦那さんといった自分にとって最高のパートナーを持つことができ、いつも一緒にいることができ、困ったことがあったら相談に乗ってもらったりすることができます。いつも一緒なので寂しくないというメリットがあります。でも、自由がないというデメリットもあります。

    独身の場合はいつでも自由に動けるというメリットがありますが、一人で寂しいというデメリットもあります。結婚をしたとしても、結婚をしなかったとしてもメリットとかデメリットはあります。でもやはり、自分のパートナーがいるというのはとても心強いですし、楽しいことが多いです。子供が自分の家庭を持ったら、両親も安心してくれます。

  • 結婚か独身か メリットデメリット

    「結婚」という二文字を思い浮かべた時、「素敵な事だ」と思う人と反面、「重たいなぁ」と感じる人もいるのではないでしょうか?

    結婚式

    結婚するにせよ独身でいるにせよ、パートナーとして同棲生活を送るにせよ、状況によってメリットデメリットがでてきます。ここではポイントを絞ってそれぞれのメリットデメリットを説明します。

    「独身貴族」という言葉があるぐらいです。そこが独身のメリットと言えるでしょう。しかし、体力があり、気丈な精神力がある時はいいものの、歳をとるとその精神力や体力は大幅にダウンします。友人たちも結婚をしていくと、一緒に時間を過ごす相手も少なくなり、非常に寂しい老いた生活がその先を待っています。

    同棲生活は形に囚われない部分がメリットです。互いに結婚程の重圧もなく、責任もない。しかし、ここが落とし穴です。愛する相手が病気になり、重篤な手術になっても、夫と妻として籍に入っていない為、家族とみなされず、書類一つサインすることができません。子供ができても、夫婦関係が結べていないので、母子手帳すら発行してもらえないのです。下手をすれば、相手の命を失いかねない危険性があります。

    結婚はただ紙切れ一枚のものではありません。大きな重圧と責任がかかることで、大きな愛がお互いを支えあい、家族を助けあいます。あなたはどちらのメリットを選びますか?